• ホーム
  • NEWS
  • ニュース
  • エコマーク事務局×MOTHER EARTHコラボ、サスティナブルコスメアワード受賞ブランド決定

エコマーク事務局×MOTHER EARTHコラボ、サスティナブルコスメアワード受賞ブランド決定

(公財)日本環境協会エコマーク事務局は12月2日、MOTHER EARTH×エコマークのコラボレーション企画である「サスティナブルコスメアワード」の受賞ブランドを発表した。

サスティナブルコスメアワードは自分にも地球にも優しいライフスタイルを提案するソーシャルアクティビストチーム“MOTHER EARTH” の岸紅子氏、大葉ナナ子氏、小原壮太郎氏、tarout氏と(公財)日本環境協会エコマーク事務局のコラボレーション企画として8月15日より公募を開始し、24社がエントリー、そのうち9つのブランドが賞を受賞した。

「サスティナブルコスメアワード」ではコスメを通じたSDGs の目標への貢献や、商品製作に込めた想い・ストーリーなどが選考の基準となる。2020年2 月17 日より、「サスティナブルコスメアワード」の関連イベントとして、銀座ロフトにて、サスティナブルコスメマーケット(仮称)が展開される予定だ。日本初開催のサステナブルコスメアワード受賞ブランドは以下の通りとなった。

■最優秀賞:株式会社ビオスタイル
NEMOHAMO / ブースターオイル(30mL)

“有機JAS 認証を取得した自社農園と山林を所有し、原料から製造工程・販売までの全てのプロセスを明らかにしていてトレーサビリティを徹底している。化粧箱や製品説明書にバガス(サトウキビ絞りかす由来の非木材紙)を使用したり、輸送時の段ボールをリサイクル するなど、環境への配慮を包括的に行なっている”

“ほとんどの原料を国産でまかない、国内製造を行っている。こうしたサスティナブルなモノづくりをしている上に、オイル→化粧水→美容液という使い順もユニークで化粧品としての楽しさや効果感が評価できる。そのシグニチャーとしてのブースターオイルを今回は大賞に選ばせていただいた”

■岸紅子賞:株式会社クレコス
QUON / ビューティーアクチュアライザー

“単に化粧品を作っているのではなく、農業・林業・福祉と深く結びつき、製品を通じての社会貢 献を長年行われているまさに社会派化粧品企業 。肥料も農薬も使わないワイルドクラフトの大和茶を 主成分に、国産のオーガニック原料を使用しており、自然の恵みが見事に引き出され凝縮されている。その上、香り やテクスチャーのクオリティも精緻に計算されていて心地よい

■岸紅子賞:株式会社ビオスタイル
NEMOHAMO / バランススキンローション

“根も、葉も、茎も、花も、実も植物を丸ごと使い「効く」オーガニックコスメを、というコンセプトで、植物の力をあますところなく使っている。防腐剤・増粘剤はおろか、水さえ一滴も使わない植物生体水(植物を絞って出る水分) 100%のローションは画期的。画期的。現代人にありがちな不安定な肌の調子を整える植物成分として、国産オーガニックのヨモギと アカシソを使用している

■大葉ナナコ賞:株式会社ネイチャーズウェイ
サンダース・ペリー / モイスチャークリームR

“寒天を原材料としたオールインワン、見事な素材への着目と製造工程を実現されました。使い心地も香りも、肌に負担がなく、R50の世代に嬉しい、長時間続く保湿力がありました。原材料のユニークさと期待される作用を実現する技術、ボックスのエレガンスな印象も、五感に届きます”

■大葉ナナコ賞:株式会社AMRITARA
Amritara / ハイビスカスチーク

“花の色素をチークカラーとする、素晴らしい開発力と、植物の力を信じるプロ意識に感銘を受けました。原材料えらびやコンセプト、製造過程の透明性など、オーガニックコスメ製品の中でもリーダーシップをとるのにふさわしいと感じました”

■小原壮太郎賞:一般社団法人エンジェルガーデン南国(南国にしがわ農園)
天海のしずくオーガニック/ フィトシードオイル

“『農福連携』+『有機JAS・自然栽培』とSDGs 達成に向けた優れた取り組みであると感じましたが、その想いや成り立ちの歴史背景に心を動かされるものがあり「ぜひ使ってみたい!」と思いました。実際にオイルを使用してみるとテクスチャーも使用感も納得のいく”本物”でした”

■小原壮太郎賞:株式会社SouGo カミツレ研究所
華密恋/ 薬用入浴剤

“自社農園と国内契約農家で栽培された有機JAS 認証ジャーマンカモミールのみでできた入浴剤、という唯一無二の商品で、使用感は肌に心地よく、香りも究極の癒し系で、毎日こういうお風呂に入れたら幸せだなぁ、と思える商品”

■tarout 賞:株式会社三上
NATURALCOSMO/ 薔薇椿“「あ、可愛いな」と手にした製品に、実は素敵な背景やこだわった中身がある。そして、それが更に、地球環境にも良いことに繋がっている。コスメティックスの世界では、特にそんな軽やかな気持ちの流れが大切なんじゃないかなと、気づかせてくれる製品”

■tarout 賞:フロムファーイースト株式会社
みんなでみらいを/ 米ぬか美容オイル

“社会は使い捨てのシステムから循環するシステムへ変わっています。これまで捨てていたものを原料に、循環どころかアップサイクルしていく、そんな循環の輪に自分も気づけば加わっている。一製品によってそれがシンプルに伝わるのは強いです”

■SDGs 推進賞:サラヤ株式会社

■ファイントイレタリー賞:株式会社たかくら新産業

今後”自分にも地球にも優しい”サステナブルなコスメを購入する際にぜひ参考にしてみてはいかがだろうか。