• ホーム
  • 取組事例
  • 【取組事例】ゲームチェンジングテクノロジーの創出による低炭素社会の実現

【取組事例】ゲームチェンジングテクノロジーの創出による低炭素社会の実現

地球温暖化問題の原因である温室効果ガス排出を抑制する「低炭素社会」を構築することが世界的な課題となっています。科学技術振興機構(JST)は温室効果ガス排出の低減を目指した低炭素技術開発に特化した研究プログラムとして、2030年の社会実装を目指した先端的低炭素化技術開発(ALCA)及び2050年の社会実装を目指した未来社会創造事業(JST-mirai)を実施しています。

ALCAにおける代表的な成果として、

  • 工場など廃熱利用ができ、省エネルギー化への貢献が期待される「熱音響変換システム」
  • 薄く、容易に加工可能な「ペロブスカイト太陽電池」
  • 耐久性と重量軽減の両方の面で輸送業界のCO2削減への効果が期待される「車や電車の車体に応用可能なMg合金」が挙げられます。

 

 

お問い合わせ

科学技術振興機構 環境エネルギー研究開発推進部(ALCAグループ)

URL : http://www.jst.go.jp/alca/

e-mail : mail address